徒然馬〜ファン歴10年のダラダラ日記〜

ファン歴10年と少々の学生のブログです。歴は長いですが馬券は中々……笑。

マーメイドS回顧

   人気総崩れで荒れたマーメイドS。ざっくりと回顧していきます。

 

   阪神メイン・マーメイドS

   1着無サラス

   2着無レッドランディーニ

   3着消スカーレットカラー

-----------------------------------------------

   6着○モーヴサファイア

 11着◎ダンサール

 

   えー、弁明の余地の無いクソ予想ですね笑。

   前半5Fは59.8秒と決して速い展開ではなく平均に近いペースだと思いますが、良馬場とはいえ週末の雨の影響が残ったか外差し勢が台頭、先行馬は軒並み惨敗となりました。

   勝ったサラスはスタート後じっと後方内で待機し、直線は迷いなく外へ出して大外からゴール手前で豪快に差し切り。ハンデ51kgも味方しました。諸々恵まれた勝利の感は否めず、次も様子見ですね。

   2着レッドランディーニは直線入り口で前を射程圏に収めて抜け出したものの、僅かに差されて初重賞とはならず。こちらも51kgと恵まれていましたが、勝ち馬に比べてこの馬の方が積極的に動いての結果で次への期待度は高いかなと思います。

   3着スカーレットカラーも2着馬同様の運びから、勝負所で馬群割りを選択。鋭い脚を見せましたが軽量馬2頭には及びませんでした。岩田騎手らしい好騎乗だったと思いますし、狭いスペースでも怯まなかったこの馬も勝負強さを見せました。定量戦なら勝ちもあったか。

   ◎○の2頭は先行馬に向かないペースに巻き込まれてしまった格好。好位後ろにつけたモーヴサファイアはまだ粘ったものの番手のダンサールは外から脚を使って前に出たのも災いし惨敗。ダンサールも直線入り口では一瞬抜け出すかと思いましたが…。人気を落とすなら内枠を条件に改めて。

 

  改めて1〜3着馬を眺めると、1着サラスは母父が米一流種牡馬タピット(ラニの父)、2着レッドランディーニの母父Mr.Greelyはその父がGone West、3着スカーレットカラーの母父はウォーエンブレムと、ダート血統を持つ馬で決まったんですね。雨の影響かなと思いますが、少し意識してみようかと思います。