競馬ファン歴10年の学生ダラダラ日記

10年以上競馬ファンのしがない大学生のブログです。競馬中心に書いていきます。予想はレース分析や血統を中心に考えてます。

JBCクラシック回顧〜実績馬、侮るなかれ〜

メインはJBCクラシック。人気馬による白熱したレースで見応えがありましたね

(最終がもっと熱かったですが)

 

予想の方はこちら💁‍♂️

https://argent-glass.hatenablog.com/entry/2018/11/03/224701

 

結果!

1着 ◎ ケイティブレイブ

2着 ○ オメガパフューム

3着 ▲ サンライズソア

4着 無 ノンコノユメ

5着 △ サウンドトゥルー

 

展開

スタートからサンライズソアが先手を伺う。テーオーエナジーテイエムジンソクらが続く。ケイティブレイブはこれら前を見るポジション。オメガパフューム、サウンドトゥルーは後方待機でノンコノユメは定位置の最後方。

向正面でジンソクが先頭に立つなど、前は落ち着かない展開。1000m61.0の淀みない流れで後ろの馬にチャンスがあった。

 

 

1着 ケイティブレイブ

先行争い激化を見越しての中団待機策を取った福永騎手のファインプレー。余力十分に4角を外で回ってきた時には勝利を確信しました。馬も経験を積んで競馬に幅が出てきて安定感が増しました。最後まで伸びてますし完勝と言っていいでしょう。実績の割に人気がそこまででしたが、単系の馬券を買われていた方からしてみれば美味しかったのではないでしょうか(笑)

 

2着 オメガパフューム

後方待機から最後まで猛追しての2着。前走自らで勝ちに行った内容も強かったですし、このレースも含めて非常に将来性を感じさせます。同世代にルヴァンスレーヴがいるのは厄介だと思いますが、現時点でも一線級と渡り合える力はありますね。欲を言えばこのレベルの戦いで先行できるようになれば。

 

3着 サンライズソア

この馬に関しては向正面でダラダラと絡まれたのが痛かったと思いますね。普通なら単騎逃げになっていい形でしたが、テイエムジンソクらに突っつかれる形で思い通りのレースはできなかっただろうと思います。その中でも一時は後続を引き離す場面もあり、かなり力をつけてきています。単騎で逃げられればGⅠでも出番はあるでしょう。

 

4着 ノンコノユメ

展開的に後方待機の馬にチャンスが出たのはあるとしても、最後方から大外一気ですごい脚を使いましたね。この辺りは流石です。ただこの馬に関しては南部杯回顧でも指摘した通りどうしても極端な位置取りになりやすく、展開待ちになってしまう点が辛いところ。ダートで追い込み一手が決まる事はそうないですからね。スタートがもう少しマシなら…

 

5着 サウンドトゥルー

こちらもダートの追い込み常連。展開と枠に乗じてうまく捌いて追い込みました。が、流石に往時の勢いはなくなってるのかな、と思います。全盛期ならもっと際どく詰められる脚があったはずですからね。こちらも今後展開次第、枠次第で相手までですかね。

 

 

馬券の方は◎→印への3連複一頭軸。当たったはいいものの人気決着で910円というしょっぱい配当に(笑)

ないよりはましですがね(笑)