競馬ファン歴10年の学生ダラダラ日記

10年以上競馬ファンのしがない大学生のブログです。競馬中心に書いていきます。予想はレース分析や血統を中心に考えてます。

天皇賞・秋回顧〜王者健在〜

さて、天皇賞・秋が終わりましたね。

スピード回顧といきましょう。

 

 

結果!

1着 ○ レイデオロ

2着 無 サングレーザー

3着 △ キセキ

4着 △ アルアイン

5着 無 ミッキーロケット

-----------------------------------------------------

7着 ◎ マカヒキ

10着 ▲ スワーヴリチャード

 

展開

スタートからキセキが果敢に前へ。ヴィブロスアルアイン辺りが追いかけ、レイデオロ、サングレーザーは先団を見る形。マカヒキがスタートで内へ寄れてスワーヴリチャードと接触。両馬とも後方から。縦長に。

1000m通過59.4はそれなりに速い流れ。と思ったんですがねぇ…あれでも前が残るとは…

 

 

勝ったのはレイデオロ。好スタートから終始前を射程にいれて、直線満を持しての仕掛けに抜群の反応で応えてのGⅠ2勝目。ルメール騎手も秋のGⅠ3連勝を飾りました。ルメールが止まらない(笑)

展開は速い方だとは思いましたが、それでもこの馬の上がりが33.6。鋭いキレを見せ、古馬No. 1を証明してみせました。

 

2着サングレーザーは来ないと思ってましたがきましたね。レースでは展開が速くなった為に折り合いがついて、レイデオロを的にしてレースを進めましたが、最後は力の差を見せつけられました。ただ最後まできっちり伸びていて、距離は克服できてるのかなと思います。今後マイル路線に戻るのでしょうが、間違いなく買わないといけなくなりましたね。

 

3着にキセキ。復活気配がありましたがこのペースで逃げて2着に粘れたのは一定の収穫だとは思います。が、後で書きますが東京の特殊な高速馬場に助けられたのは展開を考えても事実だろうと思いますね。先行力がついてきたのはこれからに向けての強みだと思います。

 

4着アルアインは2番手追走。好位追走が出来ましたが最後は少し切れ負けした印象。もっとも以前からそこまで切れる脚がない馬なので、この展開で上がり3F33秒台の勝負になると厳しかったですね。小回り2000mとかなら。

 

5着ミッキーロケットも前目から内を突いて掲示板確保。叩き良化型としては十分なレースはできたと思います。本領発揮はもう少し長い距離だと思うので次JCか有馬かは分かりませんが注意は必要かなと思います。

 

本命マカヒキは7着。位置どりはいつもこの辺りで道中の手応えからして弾けると思ったんですが…一応上りは33.7を使ってますし、走らなかった訳では無いのですが勝ち馬がそれより速い上りなのでね…。大幅な馬体重減が堪えたのかあるいはここまでなのか。次走香港の線もありますが残念な競馬に。

 

1番人気スワーヴリチャードは10着。マカヒキにぶつけられた影響もあり、スタートの時点で遅れ加減だったのもあり、後方の位置どりを余儀なくされました。終始かかり気味で直線も脚が無く終了。少なからずぶつけられた影響はあったと思いますし、やや太めかな?と思わなくもなかったので次は反撃できるでしょう。

 

あと除外のダンビュライトについて。馬場入場をあれだけ拒むようでは今後競馬に使うのが難しくなったなという印象ですね。少なくともこれから先馬券を買うのは難しいです。どうしてああなっちゃったんですかね…。

 

全体を通しては東京の高速馬場がやはり影響してるなと思いました。前の馬だけで叩き合ってるのを見てると、小回りの競馬場かと錯覚してしまいますが、感覚としてはそのつもりで買った方が当たるのかもしれませんね。

 

スタートのマカヒキの斜行の件についてはスワーヴへ与えた影響は少なくないと思います。ただ意識的に豊さんが内へ持って行ったのではなくスタートで馬が突発的に内へ突っ込んだ分なので、制裁があるとすれば予見可能性や修正動作でより被害を小さくできたと判断されれば出されると思います。騎乗停止までいくとは思いませんが。

 

※着順の所が2着と3着が入れ替わっていましたので修正しました。今後はこの様な事がないよう気をつけます。失礼しました。