競馬ファン歴10年の学生ダラダラ日記

10年以上競馬ファンのしがない大学生のブログです。競馬中心に書いていきます。予想はレース分析や血統を中心に考えてます。

今週はカッチカチ?豆券大学生の重賞展望

   今週は23(日)に中山で産経賞オールカマー(GⅡ)、阪神神戸新聞杯(GⅡ)が行われます。

   いずれも各路線の大将級が出走を予定。堅そうに見えますが果たして…

 

オールカマー

   展開としてはマイネル2頭が引っ張る形になりそうです。そこまで速くなる事はないと思うのでスローから平均くらいの流れになりますか。

あるいは、前が飛ばしても馬群はそれよりも遅いペースで運ぶ事は想定されます。

   昨年のダービー馬・レイデオロの秋初戦。半年の休養明けでも普通にやれば負けるシーンは想像できないですね。

   ただし、折り合いは不安ですね。京都記念でもドバイシーマCでもかかる場面が多く見られました。元々気持ちは前向きな方とはいえ付け入る隙はあるのかなと思います。

   昨年の皐月賞アルアイン北村友一Jとの初コンビ。レースセンスのある馬で中山コースは歓迎でしょう。一方で決め手に欠ける面があり、又2200mは少し長いと思います。この辺りが課題ですね。

   という具合で、オールカマーの方はまだ荒れる余地はありそう。個人的にはガンコ、ダンビュライト、ミライヘノツバサに期待しています。いずれも先行力のあるタイプで中山向き。

ミライヘノツバサは長期休養明けなので仕上がりを見ないといけませんが今のところは買いたいと思っています。

 

神戸新聞杯

   展開としてはまずメイショウテッコンが鞍上も込みでハナに行くでしょう。エポカドーロはそれを見るような形で先行争いが激しくなるとは思えず、スローはほぼ確実かと。ダート馬2頭が見せ場を作りに無理にでも前に行けば速くなりそうですが、芝に対応出来るかが問題でしょうね。

   netkeibaでは現在1番人気のエポカドーロ。世代最上位と言っていい実力は私のような若造が語らずとも周知の事実。スタートが良く、前目できっちり折り合えて終いも確実な脚がある隙のないタイプで、軸として安定でしょう。

   netkeiba2番人気のダービー馬ワグネリアンは落馬負傷の福永Jが騎乗できるか心配されましたが大丈夫との事。ダービーは福永Jの渾身の先行策もあっての勝利でしたが、元々は後方からの豪脚を持ち味とするタイプ。スロー読みなのでこの馬については位置取りが気になります。

   ダービー4着のエタリオウは個人的には謎なくらい評価が高い馬の一頭。正直そこまで強くないと思いますが…。ダービーは確かに前有利をただ一頭追い込んで上位に来てるのでそこは評価しないとダメでしょうが、この人気ならひねくれ者なので馬券からは外す公算が大きいです(笑)

   これら人気馬以外にも中々の好メンバーが揃いました。中でも展開でも触れたメイショウテッコン、最近弟が新馬勝ちしたステイフーリッシュの2頭は一発の目アリと思ってます。予想の時にまたこの二頭は細かく触れたいです。

 

   ここは堅い決着になりそうですが、3着(場合によっては2着)辺りでひねっていきたいです。