競馬ファン歴10年の学生ダラダラ日記

10年以上競馬ファンのしがない大学生のブログです。競馬中心に書いていきます。予想はレース分析や血統を中心に考えてます。

今日の特別R注目馬〜中山編

メイン・セントライト記念はこちらで💁‍♂️

https://argent-glass.hatenablog.com/entry/2018/09/16/153309

 

中山10R・浦安特別(ダート1200m、1000万)

人気が割れ、混戦が予想されますね。

 

   ダート1200m戦でスピードが大事なのは勿論なんですが、このコースでは中・長距離タイプの血をもつ馬が結構な率で好走しています。

直線坂がある分、タフさも要求されるということでしょうか。

 

その観点から出走馬を絞ると

テイエムチェロキー(母父スペシャルウィーク)

・イサチルルンルン(母母父シンボリルドルフ)

・エタニティーワルツ(母父ブライアンズタイム)

・アシャカダイキ(母母父ブライアンズタイム)

・キタサンガンバ(母父ブライアンズタイム)

の5頭が出てきます。

 

   中でもエタニティーワルツは殆ど人気が無いですが中山は得意(1-1-1-1)で現級2着も中山で記録。先行争いが激しくなれば展開も向いて上位進出もあり得ると見ています。軸とはいかずとも相手に入れるのは面白いと思います。

   あとダートに戻るイサチルルンルンパイロ産駒なので芝よりダートの方が歓迎でしょう。一変に期待です。

 

中山9R・白井特別(芝1800m、1000万)

 

   2頭人気では抜けていますが、フローレスマジックは取りこぼしの多いタイプで、サトノキングダムは現級2着3回の実績がありますが、結局昨年に降級してから前走まで勝ち上がりに苦労していて、両者とも人気ほど信用は置けないと見ます。

 

   条件が好転するラッシュアタックに注目したいです。中山芝1800mは(1-2-3-3)で着外3回は何れも4着とコース巧者ぶりを発揮しています。近2走は案外でしたが相手が強力だった面もあります。それに比べると今回は1枚相手が落ちますし、得意コースで巻き返しのチャンスは十分にあると思います。

   あとダートからの転戦となるラクルブラッド。前走でダート1000万でもやれるところを見せながらの芝転戦の意図は分からないですが、4代母にスカーレットインクを持ち、祖母ブルーリッジリバーは桜花賞2着の実績馬。血統背景はしっかりしているので、デビュー2戦目以来久々の芝でも侮れないと思います。